今日も散歩

2012.01.29.Sun.20:20


はい。

毎週日曜日は午後から散歩です。

気分に任せて歩きます。

右に行こうか左に行こうかは、

曲がり角でピンと来た方に行きます。

watashiの場合、

散歩中、

瞑想している感じです。

瞑想は、

なにも座禅しなくちゃ出来ないものじゃありません。

・・・と思います。

最初はひたすら座って背筋伸ばして深呼吸してやってましたが、

慣れてくると、

っていうか、

瞑想状態がわかると、

何をしていても、

その状態に入れるようになるみたいです。

田舎は人も何も少ないので、

歩きながら瞑想は、

尚更可能なのかも知れません。

散歩中、

「はっ・・・。」とか「あ・・・。」っとかって、

ふっ・・・とひらめく時があります。

何か大切な事を思い出して、

「そうか、そうだったんだ。」って答えにめぐり合えたりします。

体が鈍らないようにってのもありますが、

人の基本の二足歩行は、

脳が活性化されて、

見える見えない関らず、

思いもよらない大発見を体験させてくれます。

それが楽しくって、

いける日は、時間の許す限り歩きます。



今日は、

太陽も傾きだしたころ、

道に自分の影ができてました。


影

「なげぇ・・・でけぇ・・・。」

今、watashi、3mくらいの巨人族、ふふ。

巨人族って、かつて地球に住んでいたっていわれてるわたしたちの先祖っていえばいいのかな。


足が長くって、

影が羨ましくなった。

「いいなあ、あんたスタイル良くって。」

自分の影に言ってみる。


「そういえば、マスター・オブ・ゴールドは元気かな・・・。」

そう、

以前watashiと一緒に人を癒していた金色のマスター。

皆には見えないけど、

watashiを通して皆を癒していたスピリットって言ったらいいか。

「影、M・O・Gみたいだな。彼も3m弱あったな。」

太陽が真後ろ。

太陽もM・O・Gもキラキラ金色だもんな。




あ・・・、なんだ、モグ、もしかして実は一緒に散歩してたんだ・・・?

今気付いたりする。

最近時々思い出してたんだよ。

「どうしてるかなぁモグ・・・。」ってさ。

なんだ、一緒だったね。

うん、たぶん、そう。

あ、・・・、

今もいるでしょ?

はい、鳥肌です。

いるみたいです。


この感覚久しぶりです。

どうやらwatashiを浄化してくれているみたいです。

涙が流れてきました。


Thank You、モグ。


今日はあなたと瞑想をするよ。






散歩に感謝。

影に愛を贈ります。










Good-day










スポンサーサイト

みんながやって来たぞっ!

2011.09.25.Sun.20:27




今日、

oda-zoneの仲間たちが、

東京から車走らせて静岡にやって来ました。


3ヶ月ぶりの、再会。

う、うれし~。

「きゃぁ~

ハグ、Hug、7人みんなにハグでしょ!!。


我が家でちょっと休憩。

「じゃ、行こうか。歩こう。」


「あんたたちが今ここにいるのが不思議。」なの。

ふふ、すごい楽し~。


てくてく歩いて目的地到着。

「はい。ここですよ~。」

はい、「わ~!!」なのです。

ほほ。

静岡に戻ってから何度も足を運んでいるお気に入りの場所。

「エネルギーワークするなら絶対ここ。」


そう、

ここは、古墳の上。

はい、前方後円墳の上なのです。

ひとりでよく来る大事な場所。

みんなを連れてこれてホントうれしい。

見上げれば空のみ。

清水の町を一望できる、

俗世間からちょっと離れられる場所。

古墳


今日はくもりで、ちょっと肌寒いけど、

「始めようか。私たちだけしかいなくなったよ。」

今、古墳は私たちのためにある(^^)。


「わぁ~太陽でてきたっ!!」。

まじです。

太陽礼拝始めた途端、太陽がお出まし!

「みんなすごいっ!!晴らしたねっ!」

後はもう成り行きに任せます。

三つの動作。

あえてシャバの体制で瞑想することに。

うん、今日は絶対その方がいいに決まってる(^-^)。

みんなレイキのヒーラー。

密度の濃い、でもって鮮明かつパワフルなエネルギーが流れているのがわかります。

赤とんぼも蝶々も寄ってきました。

昆虫たちも気持ちいいエネルギーわかるもんね。

私もシャバして空見上げたら、

雲が「丸まる」描いてくれてました。

まる雲

雲さん、私たち、「合格!」、ですか!!

あざっす!!。

ここは360度見渡す限り自然です。

たくさん地球のエネルギーもらいました。

みんなも分ってくれたと思います。

みんな。


自分がナチュラルでいれば、

自然が受け止めてくれます。

自分が素直になれば、

自然の方から語りかけてくれます。

それをちゃんとキャッチする。

そうすると、

一つになれます。

さらに綺麗な目を、

今日はみんな持てたんじゃないかなって思います。



odaも忘れないから、

みんなも忘れないでね。



今日は本当にありがとう。





良かったらまたやりましょう。





みんなに愛を贈ります。












Good-day










今日は秋分の日

2011.09.24.Sat.01:46




そう、年に2回、

昼と夜の時間が同じになる。

地球レベルで大事な日です。

何より楽しく過ごすこと。

これが一番。

watashiはとっても楽しかったぞ!!

みんなはどうなのさ?




久しぶりに甥っ子連れて姉が来た。

話の流れで、

最近家に黒い影がいる・・・・って話に。

甥っ子も、DVDデッキが勝手にオープンしたり、

電気が勝手に点灯したり、

小さな不思議というか不気味があったらしく、

親子で若干ビビッてる感じで・・・。


う~ん・・・。

watashi霊媒専門じゃないんだけどさ、

感覚上、

「・・・・それ、なんかいるね。」って答えるしかなかった。・・・わお!!。

人は大概、自分の知らないことにビビってるだけなんです。

だから知ってしまえばいいんです。

でもって以前経験したことを織り交ぜて説明する事に。

「うんとね、一番いいのはビビらないこと。強気でいること。はい、これね。」って。

セージを姉に渡して家中焚いてもらうことに。

浄化にはセージですもんね。

で、窓をあけて、

強気で追い出すのです。

「ここはあんたのいる場所じゃないからとっとと出ろ!!おらっ!!」って強く怒鳴るくらいで。

低い霊は、ネガティブなところに寄ってきます。

怒りとか、怖れとか、憎悪とか嘆きとか、

否定的な空気を好むんです。

類は友を呼びます。



本来見えるはずの無い霊を、

見えることは決して悪い事じゃありません。

どうせ見るなら、

天使とか菩薩とか、

レベルの高い霊の方がいいじゃないですか。

そちらと関った方がずっと幸せです。

そのためには、

笑って、感謝して、つねに愛を溢れさせておくといいんです。

低霊はポジティブが嫌いですから、

楽しいところからは逃げていきます。

空間も、いつも綺麗に、明るくしておくといいです。

いつもお掃除して、水晶置いたり、塩やお神酒で綺麗にしてあげると、

部屋も喜びます。

姉にヒーリングCDも渡して聴いてもらう事に。

「そんなに悪いやつじゃないと思うから大丈夫だよ。レイキも流すといいよ。」

うん、やれることはたくさんあるのに、

やってなかっただけってこと。

そんなに心配する必要はないです。


そう、こんな話して面白かったのは、

中学生の甥っ子2人が、興味津々で話に食いついて来てくれたってこと。

長男のかーしが、

「俺UFOみたよ!!」言い出した。

う~ん、さすがwatashiの甥っ子じゃい。

「そっか、いいねぇ、やるねぇ。」



これから、見えないものが見える人がもっと増えていくと思います。

自然にもっとこんな会話が増えていくと思います。


「おし!!帰ってやるぞっ!!」って、

姉達は元気に帰って行きました。










うんうん。








Good-day













眠る前のこと。

2011.03.08.Tue.13:22


はい~(^^)

watashi寝るの大好きです。

お布団に入って目を閉じてから、

はじまることがあるからです。


まず、

自分で自分のお腹や肝臓のあたりに手を当てて、

レイキしながら寝ます。

watashiの場合こうするとすぐ、落ちます、ほほ。

とっても気持ちいいのです。ふふ。


すぐに落ちない時は、

目を閉じてしばらくすると、

色んな映像が見えたりします。

よくあるのは、

目の前に、スクリーンが現れて、

映画みたいに観ていることです。

何処かの国の山道だったり、

澄んだ川の中だったり、

日の出だったり、

完全に眠ってはいない状態で、色々なところを観ます。


以前、

アフリカかどこかのお家で、

広い庭に水を撒いている男の子が出てきて、

すっごく可愛かったから、

上から眺めていたら、

この男の子いきなりこっち向いて目が合ってしまって、

びっくりして、焦って目を開けてしまった時あります。

“やばい、気付かれた!と思って、

ドキドキしました(^^;;)。

この時、

スクリーンの中の映像って、

もしかしたら実際にある場所なのかもって思いました。

透視とかってことなのかは、

突き詰めていないので分からないのですけれども、

確かにとても鮮明な映像なので、

実在しないこともないだろうと思ったりします。

目が合った男の子と実際に会ってみたいと思いますもん。


幸い、

watashiの知り合いの方々が、

このスクリーン上に現れた事は一度も無く、

多分今後も無く、

まったく知らない場所へ出かけ、

まったく知らない人たちのみを眺めているので、

知人の皆さん、

watashiが覗く事は無いですからご安心を。ほほほ。


不思議といえばふしぎなんですが、

このスクリーンは、

何らかのメッセージが含まれているんじゃないかと思って、

探っている段階です。

楽しいってだけでもいいのかも知れないですけれども、

それだけじゃもったいない気がします。



今日も、

目を閉じた時にしか使えない、

watashiのもうひとつの目で、

何かを見つめられたらと思います。











Good-day


























不思議なおじいさん。

2011.01.24.Mon.02:55



そう。

20歳のころ、

早々と友達が結婚。

その結婚式に、

友人3人で出かけました。

何か一曲歌ってくれと言われ、

ドキドキの3人で“てんとう虫のサンバ”とか歌い終わって、

緊張も取れ雑談していたところに、

ニコニコしながらひとりのおじいさんがやって来きました。

「あんた手相見せてごらん」って・・・なんだ?

「え?・・・あ・・・はい・・・。」って、

不思議に思いながら手の平差し出したら、

「あんた波乱万丈な人生だねぇ。」って言いながらニコニコ。

ちょっ・・・まじっすか・・・おじいさんいきなりそんなこと・・・。

「あんた歌って踊れる歌手になんなさい。」って・・・

「は・・・へぇぇ~??そ、そんな・・・。」

私がダンス習ってるのしってんのー??

「いいからなんなさい・・・。」

「えっとぉ・・・そうですかぁ・・・。」

で、とりあえず曖昧な返事して、

「名前書いて。」

「あ、名前、・・・はい・・・。」で、フルネーム“小田雅子”って書いたら、

「あんたいい名前もらったねぇ。親に感謝しなさい。“まさ”の字はこれが一番いい。ここは6。周りの人もいいし・・・・・田んぼにさく一輪の花・・・」って、

なんかいっぱい言われて、

「はい。ありがとうございます!」で、

また結婚式でめでたい席だからいい事しか言わないんだよ絶対って思ってたら、

「耳みせて。」って、

・・・あ、まだあるんですね・・・(^^;)「はい・・・。」

で、耳見ながら、

「あんたのお母さん水子いるねぇ。」・・・・って、

ちょ・・・ちょっと・・・・な・・・・なんですかぁ~

「えっ??聞いたことないですけど・・・。」

「いるよ。今日帰ったらお母さんにきいてごらん。いるから。」

「あ、はい、そうします・・・。」

「その子があんたのこと守ってるよ。」ニコニコ・・・。

「あ、そうですか・・・。聞いてみます。」

「じゃがんばんなさい。」

「ありがとうございます。」

ちょっとおじいさん・・・。あなたは何者ですか・・・?

「はい、じゃあんたも見せて。」ってお友達のも見るんですね。

えっと、やんわりと放心状態・・・。

ニコニコしながら言う事が普通と違ったぞ・・・。

占い師さんか?

初めての占い体験が、このおじいさん・・・なのか・・・。

手相、耳相、姓名判断・・・一気に受けました。

友達の結婚式でまさか、こんな・・・。

本当にビックリしました。


で、

家に帰って早速お母さんに聞いてみました。

答えは「どうしてあんたそんなこと知ってるの。そうよ。いるよ。」

・・・でした。

おっと・・・、おじいさん当たりじゃないですか

信じないわけいかなくなりました。

一部始終を母に話しながら、おじいさんに言われた事再確認して、

母とは改めて供養に行く事にしました。


数日後、

結婚した友達におじいさんのこと尋ねてみました。

どうやら、このおじいさん、

人里離れた山の奥の奥に住んでいるらしく、

めったに町には下りてこないそうで、

彼女は困った事があるといつもおじいさんのところに行って、

アドバイスもらってるらしく、

大変お世話になっているので結婚式に呼んだら来てくれた、そうで、

私たちは運良く、

俗世間に下りてきたおじいさんに、

占ってアドバイスをいただけたのでした。

確かにこのおじいさん、

結婚式のスピーチしてましたが、

何言ってるのかさっぱりわからなくって、

タキシードも何かシワクチャで、

大丈夫なのか?と不信に思っていたのですが、

納得です。

そんな方とは・・・。

仙人って言えるかも知れないですね。


このおじいさんがきっかけで、

占いってのは、

実はすごいんだって思って、

実はいろんなことが分るんだって思って、

本読みあさるようになったのは言うまでもありません。


気功の先生に会ったのと(前回のスピリチュアルで書いてあります。)、

ほぼ同時期に、

またすごいシャーマニックな占いおじいさんと出会ったのは、

衝撃でした。

当時は全然分らなかったですが、

このお二人に出会うと出会わないとでは、

人生がまったく違っていたと思います。


気功の先生と、占いのおじいさんは、

人以外のでかい何かと共にいる人たちだってのは、

分らないながら、感じました。

ちょっとこわくって、

その後しばらくどっぷり俗世間に浸かりましたけれども

今思い返して出会えて良かったと思えるってことは、

当時の感動と衝撃に反応して生きてきたってことで。


実は、二人を合わせたような人になりたいってのが、

意識の奥にあったんだって、

今気付きました。

うん、多分そうです。

気功とか、占いってことも魅力ですが、

なにより、

これだけひとの心に好意的な影響を与えられる本物ってのに、

惹かれたんだと思います。

自分もそうなりたいと思って生きてきたのは確かです。

今はどの段階に自分がいるのか・・・。

まだまだだと思いながら、

がんばってるなって、

時々自分自身で褒めてあげながら、

先に進もうと思います。





改めて、ありがとうを言います。







そんな感じです。






Good-day









 | HOME | Next »